ホーム業務案内 > 36協定・労使協定
ページ印刷
業務案内 36協定・労使協定


 従業員に残業・休日出勤させるにはあらかじめ労働基準監督署に届出が必要!?


 労働基準法(以下「労基法」)では、使用者が労働者を働かせることができるのは、
 「1週間40時間以内、1日8時間以内」(労基法第32条)
 「週1回の休日」(労基法第35条)
 と定めており、これに違反すると処罰の対象となります。

 ただし!
 労基法36条では、「時間外労働・休日に関する協定届」を提出した場合には、第32条、第35条に関わらず、その協定に定めるところによって労働時間を延長し、又は休日に労働させることができます。
 この労基法第36条による労使協定のことを、法律の規定条項である第36条をとって一般的に「36協定(さぶろくきょうてい)」と呼び、残業や休日労働を行う場合に必要な手続です。

関連情報

労使協定について下記のページでもご案内、情報提供しております。

お問い合わせはこちら

SRアップ21


ミラサポ

ホーム就業規則労務管理建設業許可業務案内セミナー事務所概要ダウンロード
特定個人情報取扱基本方針個人情報保護方針リンクについてお問い合わせ
Copyright(c) 社会保険労務士法人望月事務所・行政書士法人望月事務所